どんな衣装が似合うの?自分の体型に合ったドレス選びのコツ

自分と相性のいいデザインはどれか

挙式や披露宴の式場選びも結婚式を成功させる上では重要ですが、プレ花嫁にとって大きな関心事は、やはり自分が着るウエディングドレス選びなのではないでしょうか。オーダーメイドで自分の為だけに作られたドレスを着る場合も、式場の提携ショップなどでレンタルする場合も、大事なのは自分の体型の特徴を活かしてくれるデザインや体型の欠点をカバーしてくれるドレスを選ぶことです。ウエディングドレス全体の中でも面積が大きいのは腰から下のスカートの部分なので、ドレスラインと体型の相性を考えて選ぶのが成功のコツと言えます。スカートをボリュームたっぷりに膨らませているプリンセスラインは、下半身が太めの人にぴったりです。マーメイドラインは細身の体型をきれいに見せることができます。

重要なのはドレスラインだけじゃない

プリンセスラインやベルライン、Aラインなどのようにドレスラインのパターンはいくつかありますし、最近ではパンツスタイルのウエディングドレスも動きやすくてどの体型にも合うので人気です。でもウエディングドレスは、ドレスライン以外にもデコルテ部分や袖の部分のデザインも見ておいた方がいいでしょう。袖やデコルテのデザインの選び方に工夫をすることで、自分のスタイルをさらに美しく見せることができます。まず袖ですが、ブライダルエステに通っても二の腕を充分引き締められなかった人などに適しているのが、パフスリーブと呼ばれるデザインです。袖がふんわりと広がっているので、二の腕の太さが目立ちません。デコルテはどの体型でも似合う物として、ボートネックがあります。