レストランウエディングのメリットとデメリット

レストランならではのメリット

レストランを会場として結婚式(披露宴)を行う場合、最大のメリットといえるのは充実した料理です。料理の提供を本業にしている場所ですから、新郎新婦の希望に合う料理を提供してくれます。結婚式で提供される料理は招待客の印象に残りやすいポイントなので、質の高い料理を用意できるのは大きなメリットです。また、レストランが用意している部屋の広さにも注目です。比較的規模が小さめな店を会場にした場合、アットホームな雰囲気を演出することもできます。新郎新婦が招待客とじっくり触れ合える環境なら、その場にいる全員によい印象が残る結婚式になるでしょう。大規模なパーティーよりも、身内の食事会という雰囲気の結婚式を望む新郎新婦にはレストランは最適です。

レストランの設備はしっかり確認しよう

レストランを結婚式(披露宴)の会場として検討するなら、候補となる店舗にどのような設備があるのかよく確認してください。結婚式が開催可能だと表明しているレストランであれば、マイクやスクリーンなどの基本設備は用意されていると考えてよいでしょう。しかし、挙式を行うためのチャペルなどが用意されているかどうかはしっかりと確認しましょう。挙式を(同じ日に)別の場所で行う場合は、移動手段を検討しなければいけません。また、レストランではパーティー用に料理をコーディネートするスタッフがいるのはめずらしくありませんが、ウェディングプランナーが在籍しているとは限りません。演出の打ち合わせやお色直しの手配など、どこまでレストラン側で対応してくれるのか確認が必要です。